快整体院のブログ

栃木県大田原市の快整体院のブログ

Kai Seitaiin

*

*

ストレッチを四つ紹介します。

      2015/04/21

血行不良によって様々な症状の原因となる、脚、腰の筋肉の硬さをとるためのストレッチを四つ紹介します。
1.大腿直筋のストレッチ
ふくらはぎを外側に出して正座をする。ゆっくり上半身を後ろに倒し、
両腕を真っすぐ頭の上方に伸ばす。
筋肉の硬い人がいきなり倒れると、腰に負担がかかるので、
両手または両肘を後ろについて支えながら、徐々にゆっくり倒していく。
途中でひざが浮いてしまう場合は、浮かないところで上半身を止め、
それ以上は無理をしない。

ストレッチ1

 

2.内転筋のストレッチ
背筋を垂直に伸ばして、両足の裏をつける。
その際、両膝は出来るだけ床に付けるようにし、両踵の位置も出来るだけ股間に近付け、
上半身をゆっくりと前方に倒して顔が床に付くようにする。
※背中は丸めないこと。

ストレッチ2

 

3.ハムストリングスのストレッチ
背筋を垂直に伸ばして、片方の足を横に伸ばし、もう片方は曲げる。
上半身を横に伸ばした脚へゆっくり倒していき、顔が膝に付くようにする。
その際、伸ばした脚は曲がらないようにする。
※左右やる。

ストレッチ3

 

4.ハムストリングス、内転筋のストレッチ
背筋を垂直に伸ばし、両足を出来るだけ左右に開き、爪先を立てる。
そのままゆっくり上半身を前方に倒していき、臍を床につける気持ちで顔を床に付ける。
その際、膝は曲がらないようにし、へっぴり腰にならないようにする。

ストレッチ4

 

コツと注意事項
・各ストレッチの最初の動作は、ゆっくり息を吐きながら行い、その動作をしばらく止めて、
普通に呼吸する。動作を止めている時間は8秒以上が理想的。
次に息を吸いながら、元の姿勢にゆっくり戻る。
各動作を3回ずつ行う。
・筋肉を痛めるので、決して反動をつけて行わないこと
・各ストレッチ共、痛気持ちいいところで止めて、決して無理をしないこと
無理に筋肉を伸ばして痛めると、しばらく出来なくなり、
治った頃には筋肉が余計に硬くなってしまう。

 

避けるべきストレッチ

ストレッチ5

このストレッチは、よく行われるポピュラーなものだが、
腰椎の椎間板に過大なストレスを与えるため、行わない方が良い。
却って腰を痛めてしまうことがある。

 - 健康法

Comment

  1. 即効!”究極の効果”が出る【ストレッチ法】 ⇒ むくみやコリが消え…スタイルが良くなり…内臓も健康に!

     カラダを…  --------------------------  内側…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

no image
歪みは「あし」から 運動よりもストレッチ!

骨格のゆがみで一番多いのが、骨盤の歪みです。   脚の筋肉、特に大腿と …

続きを読む

姿勢の重要性について

――爽快通信2月号より「姿勢の重要性について」の記事をご紹介します。―― ◇   …

続きを読む

no image
瞑想

私は、日々の日課として、毎朝瞑想を行っています。始めてから10年以上経ちますが、 …

続きを読む

no image
危険な身体の状態

身体の不調を訴えて整体院へこられる方々は、とにかく身体の硬い方が多いです。 少し …

続きを読む

no image
重要なのは下半身の筋肉

体の硬い方は、主に下半身、つまり腰と脚の筋肉がやたらと硬いのです。 人間の体の血 …

続きを読む

no image
筋肉はなぜ硬く縮んでしまうのか?

筋肉の凝りや痛みの原因をひとことでいうと血行不良です。 無理のある悪い姿勢や同じ …

続きを読む

no image
瞑想は究極の健康法

瞑想というと、何か宗教的で、限られた人だけがするものじゃないかと、思われる人も多 …

続きを読む

Top