快整体院のブログ

栃木県大田原市の快整体院のブログ

Kai Seitaiin

*

*

危険な身体の状態

      2015/04/22

身体の不調を訴えて整体院へこられる方々は、とにかく身体の硬い方が多いです。
少しの力で押しても痛がり、その押された所は、痛いのが当たり前と思ってしまっている方も多いです。(本来、肩・腰・臀部等、どこを押しても痛くなく気持ち良いのが正常な状態)
そして、さらにひどくなると、筋肉が縮んで硬く、凝りやしこりになっているにもかかわらず、痛みさえも感じなくなります。(痛みの自覚が無い)
この状態は大変危険で、筋肉がおもいきり引っ張った、今にも切れそうな糸やゴムのような状態ですから、当然周囲の骨も引っ張って骨格もゆがむし、不用意に少しでも力が加わったりすると、いっぺんに痛めてしまいます。いわゆるぎっくり腰等が良い例です。
「筋肉はなぜ硬く縮んでしまうのか?」に続きます。

 - 健康法

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


  関連記事

no image
筋肉はなぜ硬く縮んでしまうのか?

筋肉の凝りや痛みの原因をひとことでいうと血行不良です。 無理のある悪い姿勢や同じ …

続きを読む

no image
重要なのは下半身の筋肉

体の硬い方は、主に下半身、つまり腰と脚の筋肉がやたらと硬いのです。 人間の体の血 …

続きを読む

no image
瞑想

私は、日々の日課として、毎朝瞑想を行っています。始めてから10年以上経ちますが、 …

続きを読む

no image
瞑想は究極の健康法

瞑想というと、何か宗教的で、限られた人だけがするものじゃないかと、思われる人も多 …

続きを読む

no image
歪みは「あし」から 運動よりもストレッチ!

骨格のゆがみで一番多いのが、骨盤の歪みです。   脚の筋肉、特に大腿と …

続きを読む

姿勢の重要性について

――爽快通信2月号より「姿勢の重要性について」の記事をご紹介します。―― ◇   …

続きを読む

ストレッチを四つ紹介します。

血行不良によって様々な症状の原因となる、脚、腰の筋肉の硬さをとるためのストレッチ …

続きを読む

Top