快整体院のブログ

栃木県大田原市の快整体院のブログ

Kai Seitaiin

*

*

危険な身体の状態

      2015/04/22

身体の不調を訴えて整体院へこられる方々は、とにかく身体の硬い方が多いです。
少しの力で押しても痛がり、その押された所は、痛いのが当たり前と思ってしまっている方も多いです。(本来、肩・腰・臀部等、どこを押しても痛くなく気持ち良いのが正常な状態)
そして、さらにひどくなると、筋肉が縮んで硬く、凝りやしこりになっているにもかかわらず、痛みさえも感じなくなります。(痛みの自覚が無い)
この状態は大変危険で、筋肉がおもいきり引っ張った、今にも切れそうな糸やゴムのような状態ですから、当然周囲の骨も引っ張って骨格もゆがむし、不用意に少しでも力が加わったりすると、いっぺんに痛めてしまいます。いわゆるぎっくり腰等が良い例です。
「筋肉はなぜ硬く縮んでしまうのか?」に続きます。

 - 健康法

コメント

ライラックとタイム

      2015/04/22

ライラックとクリーピングタイムが同時に咲きだしました。
ライラック

ライラック

 

 

クリーピングタイム

タイム

 

ほとんど同じ色です。

003_20100715093416.jpg

どちらも良い香りです。

 

ヒメフウロはあちこちから芽をだします。
006_20100508152931.jpg

 

 

ヒメフウロという名前は最近知りました。
かわいい名前ですね。

 

ニッコウキスゲの蕾です。
例年より早いように思います。
009_20100508153118.jpg

 

 

 

 

 

前回 間違ってました。正しい(?)うさぎマンです。
うさぎマン

 - garden

コメント

ジューンベリー

      2015/04/22

ジューンベリーの花です。
004_20100423123710.jpg

001_20100424112335.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白い花で、
6月になると
赤い実がたくさんなります。

002_20100423123710.jpg

 

 

 

ライラックはまだ蕾です。

 - garden

コメント

大字式健康器の説明書はレトロ

      2015/04/22

私を含め、大字式健康器は何十年と愛用されている方も多いようです。
006.jpg
箱も説明書もレトロな魅力があり、希少価値があるような気がします。
004.jpg
開発者の方は胃腸の痛みに苦しみ、あまりの辛さに無意識に握りこぶしを背中に敷き当てて眠ってしまった翌朝、さわやかな気分であった経験から、握りこぶしに代わるものとしてこの健康器を考案されたそうです。
確かに、腰が痛いとき横になって握りこぶしを背中や腰の下に当てると気持ちがいいですね。
002.jpg
柔軟性、すごいですね・・・。
身体の柔軟さはとても大切です。
001_20100422182011.jpg
この健康器が痛いと感じる場合は、柔らかいふとんの上でお使いになるといいと思います。
オンラインショップはこちらです。

 - 大字式健康器

コメント

腰痛の予防

      2015/04/22

― 快整体院 爽快通信2010年4月号より 『腰痛の予防』 の記事をご紹介します。―

 

◇    ◇    ◇

今からお話しする内容は、とっても重要です。腰痛の方にはよく施術後に説明させていただいているのですが、改めて説明させていただきますね。
四本足で歩く動物と、二本足で歩く人間の背骨は、横から見ると明らかに違っています。何が違うかというと背骨のカーブです。

写真1
003.jpg   動物はほぼ一直線ないし、うしろに緩やかなカーブなのに対して、

人間の場合はS字状になっています。【写真1】

これは二本足で直立歩行や生活をするために欠かせない、

体に負担のかからない最適な形状なのです。



腰痛の方の多くは、背骨の腰の部分が(本来は前にカーブなのに)後ろにカーブしています。腰の骨(腰椎)が後ろにカーブした体勢は腰の骨の関節が開いて広がって、非常に不安定な【写真2】 状態になります。

その為に腰の骨の周りの筋肉は、関節を守るために硬くなってガードします。

 

しかしこの状態で何か重いものを持ったりすると腰の筋肉に負担がかかり、

筋肉を痛めるとともに、骨盤が後ろにズレて、腰痛になってしまいます。

写真2     写真3
001.jpg002_20100402191644.jpg

腰の筋肉と関節に負担のかからない姿勢は、腰の骨が前にカーブした状態(本来のカーブ)

で、これだと腰の骨の関節がガチッとはまって安定しているので、【写真3】

筋肉に負担がかかりません。

 

腰痛にならないためには、【写真4】のような前傾姿勢で物を持ったりしないこと。その姿勢を極力しない事が大切です。

 

しかし日常生活においては、前傾姿勢を全くしないことは不可能なので、

前傾姿勢をする時は、【写真5】のように腰の骨は反らして前カーブの状態をキープして、膝を曲げるようにして下さい。

 

重量上げの選手がバーベルを持ち上げる体勢です。

写真4       写真5
007.jpg003_20100406131130.jpg

そして荷物を持つ際は、肘を自分の体幹から離さずに、(荷物を体に近づける)持つようにすると、腰を痛めません。

 - 腰痛

コメント

Top