快整体院のブログ

栃木県大田原市の快整体院のブログ

Kai Seitaiin

*

*

膝関節の歪み(ズレ)の確認方法

      2015/04/21

膝の関節が歪んでいるかどうかは、見た目ではなかなか判断がつきません。
仰向けの状態で両足を見て、片方が外側に倒れているから
下腿が外旋して歪んでいると思われそうですが、
生まれつき、股関節が外旋している場合もあるので、
必ずしもその限りではありません。
爽快通信207 006 (2)blog
それではどのように確認するのかというと、それは膝の裏側を触って(触診)確認します。
膝関節の裏側にある深層筋(インナーマッスル)の 膝窩筋(しっかきん) という筋肉です。
tusin207005blog2.jpg膝窩筋(右膝裏)

この筋肉は膝関節の屈曲と内旋をするための筋肉で、下腿が外旋して歪むと、
膝窩筋が引っ張られて緊張し、こぶや しこりみたいになって
触るとグリグリして、とても痛く感じます。

膝の関節が正しい位置に戻ると、こぶのようなグリグリは消えて無くなります。

 

触診の方法
①  患者さんに仰向けに寝てもらい、患側の脚の膝を曲げて、足の裏を床またはベッドにつけます。
膝関節の角度は約110°~120°位にします。

爽快通信207 010blog

 

②  術者は患者さんの頭方に向かって足側に位置します。

爽快通信207 011blog
③  術者の中指と薬指を膝の外側から、膝裏の下腿部の内側の
膝窩筋に触れて、確認をします。

爽快通信207 013blog(右膝)
爽快通信207 015blog(右膝裏)
④  こぶのような、又はしこりのようなグリグリしたものがあれば歪んでいます。

 - ひざ痛

コメント

膝関節の歪み方

      2015/04/21

膝痛の原因となる膝関節の歪み方(ズレ方)で多いのは、当院のパンフレットでも紹介しました下腿部の外旋(外側にねじれる)による歪みです。(写真)

爽快通信207 004 blog

 ↓

爽快通信207 003 blog
(左脚 前から見たところ 外側にねじれる)

 

内旋(内側にねじれる)のズレや前後にズレる場合もありますが、自然に元の位置に戻る事が多いようです。

しかし外旋のズレは自然には戻りにくく、また女性は横座りをすることで、余計にズレの歪みを無意識にキープしてしまうとともに悪化させてしまう傾向があります。

過去に私自身の膝を実験台にして、何度か故意に種々な方向へ歪みをつくってみましたが、
やはり外旋のズレは、矯正して関節の位置を正しい位置にしないと、痛みや異物感は改善されませんでした。
膝関節の矯正後は、歪んでいた期間が長い程、歪んでいた状態にズレが戻り易い為、
最低4日~7日は歪みの原因となる動作は、くれぐれもしないように意識して気を付けないといけません。

 - ひざ痛

コメント

年末年始のお休みのお知らせ

      2015/04/21

12月31日(水)~1月4日(日)までの5日間はお休みとさせていただきます。
1月5日(月)は通常通り開院します。
ご予約はお電話にて承ります。
電話0287-23-1203

002_20120725152528.jpg

 - お知らせ

コメント

整体における骨格矯正

      2015/04/22

10月12日(日)に、当院で勉強会が行われました。

テーマは、整体における骨格矯正ということで、内容の一部を映像でユーチューブにアップしました。
これらは当院の施術において、ルーティンで行われている訳では無く、必要な場合には最小限の範囲で身体に負担のかからない方法で行っています。

コキンと音がすることもありますが無痛です。

快整体院YouTubeチャンネル

 - 整体

コメント

大字式健康器の使い方(上級編)動画

      2015/07/25

大字式健康器(固定型)の使い方の上級編です。

上級者向けですので使い慣れていない方は十分ご注意ください。特に矯正は絶対に無理になさらないで下さい。

より強い力でコリをほぐし、肩甲骨周りをほぐし、背骨と頸椎の矯正をしています。

 

 - 大字式健康器

コメント

Top