快整体院のブログ

栃木県大田原市の快整体院のブログ

Kai Seitaiin

*

*

痛みの原因-骨膜の歪み

      2015/06/16

骨膜とは

骨膜は骨を包む2重の強い結合組織性の重要な膜で、線維層と骨形成層から構成されています。

骨膜の機能

シャーピー線維(Sharpey)という膠原線維束を侵入させて骨と結合する一方、骨に付着する腱や靭帯の線維は骨膜に放散して一部は骨に侵入することにより骨膜は筋と骨の結合の媒介をしています。

そしてこの骨膜は血管と知覚神経に富み、胎生期から成年期に至る骨の成長期には骨形成層にある骨原生細胞が骨芽細胞に分化し、骨の表面に骨質を新生して骨の太さの成長を営んでいます。骨の成長が止むと多数の細血管を骨質の中に送り込んで、その栄養を助けます。

しかし成人してからでも、骨折や手術で骨が損傷を受けたときは、骨膜は再び造骨機能を取り戻し、骨の新生・修復を行います。

骨膜の歪みの原因と痛み

慢性的な筋肉疲労による筋肉のこりや緊張、骨格の歪み、急激な衝撃、可動域の限界を越えた関節への負担、筋膜の歪み等が原因で筋肉と骨をつないでいる腱や骨と骨をつないでいる靭帯が骨膜を外側へ牽引して歪ませます。

この状態(図B)になると安静にしていても痛みを感じることがありますが
身体の関節を動かすとかなりの痛みを感じます。

そしてこの状態がより悪化しますと、図Cのように骨自体も変形して歪んで来ます。

骨膜の歪みの矯正

当院では骨膜の歪みを「筋(すじ)入れ」という技法により、矯正し、正します。正常な場合には施術しても無痛ですが、歪みのある場合には、かなりの痛みを感じます。しかし骨格矯正をしても、筋肉をゆるめても、筋膜矯正をしても取れない痛みには、効果を十分に発揮する特殊な技法です。

施術後は患部を温めないようにして下さい。また熱っぽくうずく時は、氷などで冷やすようにして下さい。
施術後数日間は施術した患部に打撲したような痛みが残る場合がありますが、改善していく経過の反応ですので、心配は無用です。

 
kotumaku1.jpgA 正常な状態

 
kotumaku2.jpgB 骨膜が歪んだ状態

 
kotumaku3.jpgC 骨膜と骨が歪んだ状態

 - 整体

コメント

痛みの原因-筋膜の歪み

      2015/04/21

-筋膜とは-

筋膜は、筋肉、臓器を覆う線維体で、筋膜自体は二重構造で出来ています。

浅い部分(皮下)の筋膜は「浅筋膜」、
深い部分(筋肉を直接覆っている部分)は「深筋膜」または「筋筋膜」と呼ばれています。

筋膜は全身を蜘蛛の巣のように張り巡り、
骨、臓器、筋肉、神経、血管と結びつき身体を内側から支えている重要な組織です。

-筋膜の機能-

筋膜はたんぱく質線維であるコラーゲン線維と弾性線維がメッシュ状に配置されて出来ています。

コラーゲン線維は柔軟で丈夫ですが、伸縮性はあまり無く、
一方弾性線維は伸縮性に富み筋肉の収縮に合わせて伸縮します。

コラーゲン線維は弾性線維に引っ張られる形で引き伸ばされ、
限界まで伸びた時に過剰伸縮を抑制します。

-筋膜の歪みの原因と痛み-

筋膜が捻れ縮む事を筋膜の歪みまたは拘縮といいます。

筋膜の歪み(拘縮)は、急激な衝撃、打撲、高熱、慢性的な筋肉疲労、ストレス、姿勢の歪み、怪我や手術など様々な原因から起こり、コラーゲン線維が癒着し、弾性線維の伸縮性を奪ってしまいます。

その結果筋膜の制限を受けて筋肉自体の伸縮性も低下し、
筋緊張が高まり筋膜を歪ませ発痛が起こって来ます。

-筋膜の歪みの矯正-

当院では筋膜の歪みを「筋(すじ)引き」という技法により、矯正し、正します。

正常な場合には施術しても無痛ですが、歪みのある場合には相当痛みを感じます。

しかし骨格矯正をしても筋肉をゆるめても取れない痛みには、効果を十分に発揮する特殊な技法です。

 
筋膜の歪みblog
正常な筋膜   →   歪んだ筋膜

 - 整体

コメント

腰痛の原因Ⅱ

      2015/10/24

前回は骨盤の歪みについて説明しました。

今回は筋肉などの軟部組織が腰痛の原因になるという事をお話したいと思います。

 

医学的には、腰痛の多くは原因不明と云われています。

しかし腰痛の方の身体を触診してみますと、腰部や臀部あるいは腹部の筋肉などに異常がみられます。

どのような異常かといいますと、筋肉が硬く縮んでシコリのようになっていたり、張っていたりします。

普通、正常な状態なら、その部分を押圧しても、無痛か気持ち良かったりするのですが、押圧するとかなりの痛みを感じます。

そして、その部分をほぐしたり、緩めることにより、正常な状態に戻りますと、腰痛が改善されていくことが多いのです。

では何故、筋肉が張ってしまったり、しこりみたいになって硬縮してしまうのかということですが、いろいろな原因が考えられます。

腰に負担のかかる動作が多かったり、腰に負担のかかる姿勢を長時間続けていたりですとか、長期間に渡って精神的にストレスがかかることによって筋肉の緊張状態が続いて硬縮してしまうこともあります。

筋肉が硬縮すると、その部分の血行が悪くなり、疲労物質や発痛物質が発生して滞り、また神経を圧迫して痛みを生じさせます。

筋肉が硬縮することにより、腰痛の原因となる筋肉の多くは、深層筋でいわゆるインナーマッスルといわれているものです。

以下にご紹介するのは、それらの筋肉と靭帯の主なものです。

 

腰腸肋筋2
腰腸肋筋

 

胸最長筋1
胸最長筋

 

腸腰筋1
腸腰筋

 

腰方形筋1
腰方形筋

 

中臀筋1
中臀筋

小臀筋1
小臀筋

梨状筋1
梨状筋

青仙結筋靭帯赤大腿方形筋1
(赤)大腿方形筋  (青)仙結節靭帯

以上述べた筋肉の硬縮以外の軟部組織の問題としては、筋膜の歪みや骨膜の歪みも痛みの原因としてあげられます。

 - 腰痛

コメント

腰痛の原因

      2015/10/24

単に腰痛といっても原因は様々です。
原因が1つの場合もあれば、複数の原因が複合的に作用している場合もあります。
しかし大きく分類しますと、2つの原因に分かれます。
1つは、関節のズレや歪み、そしてもう1つは筋肉などの軟部組織の硬縮です。
その他には、内臓の病気によるもの、感染症によるもの、骨折によるもの等がありますが、
これらはそれぞれの専門医療機関での治療が必要となりますので、整体の適応範囲外になります。

 

1つ目の関節のズレや歪みで一番多いのは、
一般的には 骨盤の歪みといわれている、仙腸関節のズレです。

仙腸関節は、仙骨と腸骨で形成された関節で、左右一対になっています。(写真1)

PAP_0015 (2)写真1

 

医学上は不動関節ともいわれ、動かないものとされていますが、実際には、歩く時などに前後にわずかに動いています。
中腰で重いものを持ったり、くしゃみや急な衝撃が腰にかかった時などに、仙骨に対して腸骨が後方へズレてしまいます。(写真2)

PAP_0014 (2)
PAP_0012 (2)写真2 右側のズレ・骨盤が広がって見えます

その際に激しい痛みの出る事があり、ギックリ腰の原因にもなります。
腸骨が後方に歪んだ(ズレた)場合、股関節が上方(頭の方)に位置が移動するため、
歪んだ方の脚は、反対側の脚に比べ短く見えます。(写真3)

PAP_0007 (4)写真3 右股関節が上方に

その他としては、頸椎の歪みや腰椎、そして股関節の歪みも腰痛の原因になります。
次回は2つ目の筋肉などの軟部組織の硬縮について説明いたします。

 - 腰痛

コメント

膝関節の歪み(ズレ)の確認方法

      2015/04/21

膝の関節が歪んでいるかどうかは、見た目ではなかなか判断がつきません。
仰向けの状態で両足を見て、片方が外側に倒れているから
下腿が外旋して歪んでいると思われそうですが、
生まれつき、股関節が外旋している場合もあるので、
必ずしもその限りではありません。
爽快通信207 006 (2)blog
それではどのように確認するのかというと、それは膝の裏側を触って(触診)確認します。
膝関節の裏側にある深層筋(インナーマッスル)の 膝窩筋(しっかきん) という筋肉です。
tusin207005blog2.jpg膝窩筋(右膝裏)

この筋肉は膝関節の屈曲と内旋をするための筋肉で、下腿が外旋して歪むと、
膝窩筋が引っ張られて緊張し、こぶや しこりみたいになって
触るとグリグリして、とても痛く感じます。

膝の関節が正しい位置に戻ると、こぶのようなグリグリは消えて無くなります。

 

触診の方法
①  患者さんに仰向けに寝てもらい、患側の脚の膝を曲げて、足の裏を床またはベッドにつけます。
膝関節の角度は約110°~120°位にします。

爽快通信207 010blog

 

②  術者は患者さんの頭方に向かって足側に位置します。

爽快通信207 011blog
③  術者の中指と薬指を膝の外側から、膝裏の下腿部の内側の
膝窩筋に触れて、確認をします。

爽快通信207 013blog(右膝)
爽快通信207 015blog(右膝裏)
④  こぶのような、又はしこりのようなグリグリしたものがあれば歪んでいます。

 - ひざ痛

コメント

Top